家族の健康

育毛ハーブとして利用されるマカ

亜鉛や鉄分にとどまらず、アミノ酸やビタミン、ミネラルを多く含み男女問わず幅広い層から愛飲されている健康食品のマカですが古くから優れたその成分が注目され、様々な場面で活用されてきたという歴史があります。
マカの歴史は約2000年まえのインカ帝国や昔のインドに発見されているということが現在ではわかっていますが、食用としてでなく別の用途として活用されていたのはインドの刺青の世界だったようです。
マカの中には直接的に健康促進をしてくれる成分以外にも染色能力があることが知られていて、昔のインドでは刺青を入れた後の仕上げにマカを塗りこみ、彫った後の刺青を肌に定着させていたといわれています。

また、刺青以外にもマカに含まれている染色成分が使われている場面が白髪染めなどのヘアケアの世界です。
マカには本来、髪の毛が持っている黒い色素を回復させる働きがあるといわれていて天然成分で有名なヘナと一緒に白髪染めに使われることが多く健康食品としてだけではなく、優秀な染色成分としても多くの場面で重宝されています。
この白髪予防には育毛シャンプーが良いそうです。
また、ブリンガラジと呼ばれることもあり、インドでは定番の育毛ハーブとしてマカは髪の健康を促進してくれることでも多くの愛用者がいるようです。
こちらのマカのサプリメントについての記事も参考に是非ご覧ください。

このページの先頭へ