家族の健康

マカが病気になり難い体を作る

子供から大人まで性別や年齢を問わずに多くの人達からたくさんの支持を集めている健康食品のマカですが、健康食品としての歴史ははるか昔のインカ帝国時代から始まっていたということは意外に知られていないことかもしれません。
昨今の健康志向ブームの影響もあってか、以前にくらべると一般の人の健康に関する知識や健康食品に関する関心などが急激に高まってきたように感じる今日この頃ですが、その中でもとくに注目を集めている健康食品がマカです。
マカは亜鉛やセレンといった男性機能を高める成分や、女性が不足しがちな鉄分を多く含むということで一般的なイメージが付いているようですが実はこのマカには他にももっと注目すべき優れた能力が秘められていたのです。

その能力というのは、マカを継続的に摂取することで病気になりにくい身体をつくってくれるというものです。
マカには沢山の栄養素が含まれているということで知られていますが、そのなかでもマカの重要な成分のひとつであるアミノ酸が病気にならない体質を作ってくれるということに深い関わりがあるとされています。
マカに含まれるアミノ酸にはアルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシンなどがありますがそれらのアミノ酸が免疫力を高めてくれたり、ホルモンバランスを調整してくれることで結果的に病気になりにくい体質が出来上がるといわれています。

他にも年々体内から減少してしまうコエンザイムQ10もいつまでも健康でいるためにはかかせない必要な成分です。

このページの先頭へ